カード犯罪

クレジットカードやキャッシュカードが普及するにつれて、カードに絡む犯罪が多くなっています。クレジットカードは紛失しないよう、また盗難されないよう普段から十分な注意が必要です。

スキミングとは、他人のクレジットカードやキャッシュカードの磁気記録情報を不正に読み出してコピーを作成し、使用する犯罪行為です。 「スキマー」と呼ばれるカード情報を読み取る装置を用いて情報を複製し、偽造カードを作ります。スキミングはカードの盗難と違ってカード自体が「無事」であるため、被害者が被害に気づきにくい(請求があって初めて気づく)という特徴があります。

フィッシングとは銀行やクレジットカード会社などの企業を装った電子メールやホームページを用いて個人の金融情報等を聞きだそうとする手口です。インターネットが普及してフィッシングによる詐欺行為も犯罪として増います。

カード犯罪を防止するためにもカード番号などの個人情報の取り扱いは注意が必要なのです。
個人情報やカードの情報などを問い合わせる不審な電子メールやホームページには注意が必要です。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。